スタッフブログ

2015年3月27日 金曜日

ワックストライ‥

本日は患者さんのKさんの、前歯の被せ物を作る為にワックストライを行ないました。

ワックストライとは被せ物を作る為の型取りを行った後、被せ物をいきなり作るのではなく、ワックス(ロウ)で作られた被せ物の原型を口の中に装着します。

そしてその形態が患者さんのお顔にあっているのか?しばらく使っていただいて馴染んだ仮歯の咬み合わせが正確に再現されているのか?等チェックを行ないます。過不足があればワックスを足したり、引いたりしながら口の中で確認します。
また、模型上では再現することの出来ない必要な歯のすり減りを、口の中で与えることが出来ます。

被せ物の製作においてこのステップを踏むと、最終的に出来る被せ物の精度は飛躍的に高まります。



写真はワックスで出来た被せ物の原型を患者さんの口の中に装着して、歯科技工士のWさんと上から、下から、横から、斜めから確認して「ココは太くした方がイイ」、「ココは絞った方がイイ」などと意見交換しているところです。
もちろん最終的な色調の確認も行ないます。
最後は患者さんに鏡で確認していただき、OKをいただいたら次のステップに進みます。

歯科技工士のWさん、現場まで来ていただいてありがとうございます。

患者さんのKさん期待していてくださいね^^

院長 祖父江 学


投稿者 目黒そふえ歯科

祖父江歯科医院 目黒そふえ歯科